娘の七五三で、つまみ細工のかんざしが必要になったのですが、つまみ細工のかんざしは結構なお値段!3歳児のものが7歳時点で使えるかというと若干あやしいし、一回だけのために買うのもなあ・・・と悩み、DIYすることにしました。
材料調達に行ったのはダイソー。和風髪飾りも結構豊富にあり、浴衣などすこしカジュアルな場の髪飾りは組み合わせると豪華になりそうです。

手芸コーナーに行くと、つまみ細工(剣つまみ、丸つまみ)のキットがありました。100円+税で花3個分の布とパールビーズが入っています。つまみ細工に必要なものは、ハサミ、木工用ボンド、型用&芯用のボール紙、洗濯ばさみ、ピンセットです。今回は髪飾りに加工するため、ワニ口ピンとUピンを使います。

まずは個別のお花を作成します。ちりめん生地なので、切りにくい。そのうえたたみにくい。ボンドの量にコツがあるようで、つけすぎると花ビラがうまく広がりません。揃うときれいになるのですが、初挑戦なこともあり、多少の不ぞろいには目をつぶります。うまくずらしてつまみ、最後にカットするとサイズがそろう気がします。布をずらす丸つまみより、剣つまみのほうが簡単な気がしました。

また、だらり(和風髪飾りによくある、下に垂れる部分)を作ろうと思ったのですが、ちょっとネット検索したら1㎜の紐にボンドで接着してつくるとのことで、うまくできる気がしなかったのでテグスにビーズを通してお茶を濁しました。
元から持っていた和風リボンと組み合わせたら、髪の短い子でもかわいらしくまとまりました。

正統派かどうかは定かではありませんが、3歳だからかわいければよいかな…と思っています。母子ともによい思い出になりました。